早速、TOSHIBA の高速SDHCカード8GB class6 を購入(いわゆる白芝・輸入版)したので、検証してみました。

左:SDカード 右:SDHCカード
今までは I-O DATA の SDメモリーカード 2GB Class6 を使っていたのですが、これでも十分速かったんです。

あえて SDHCのカード を買う必要も無いかと思ったのですが、やっぱり試したくなったので、評判の良かった白芝を購入しました。

最初に使ってみた感じ「あれ?ちょっと遅くなったかな」と思ったのですが、検証する時間がなかったので、そのまま放置していました。

時間が出来たのでちょっとだけ検証してみたところ、場合によっては SDHCカード の方が遅いことが分かりました。
(今回検証したの2種類カードの場合です)

まず、頻繁に使うであろう SDカードメニュー を開くときの、「SDカードから読み込んでいます…」の部分が若干遅いです。

Wiiメニュー から SDカードメニュー を選択して、暗転した所から各1回ずつ動画で取って時間を計測しました。

SDカードの場合は、3.22秒
SDHCカードの場合は、4.16秒
と約1秒の差が出てしまいました。

この後、チャンネルを表示するところはSDHCカードの方が速いので、最終的な読み込みは追いつくか追い越すのですが、操作できない時間が約1秒違うと結構遅く感じますね。

ちなみに、チャンネル表示は 書き込みをLOCK してしまえばかなり高速になるので、やり方によっては気になりません。

そして、SDカード への書き込みも検証してみました、これも1回だけですが動画で取って計測しました。

86ブロックのニンテンドーチャンネルで検証。
(コピーしましたの文字が完全に消えるまで)

SDカードの場合は、15.58秒
SDHCカードの場合は、30.1秒
と約2倍の差が出てしまいました…

体感でも確実に遅いと思える違いです。これでは、買った意味ないですね…

ただ、白芝が悪いのではないと思います。
ベンチマークの結果です。
左:IODATA 右:TOSHIBA

SDカード自体の性能は格段に違います。ですので、Wiiのドライバーの問題かもしれません。もしくは個体差?

とりあえず、容量にも困ってないので、快適性を考えると今のところI-OのSDカードで良いかなと思ってます。

白芝はI-Oの方の容量が無くなるか、Wiiのドライバのアップデートまで引き出しの奥にでも…

その他検証サイト

WiiのSDメモリーカード周りのメモ その2(2009/03/29)

タグ: ,