さっそく『電波人間のRPG』やってみました。

まず、ボイスに驚きました。
といっても、機械音声ですが、やっぱりキャラクターが音声でしゃべるって言うのは良いですね。
キャラクターの雰囲気とあっていますし。

最初は、ジャイロセンサーを使って自分の周りの「電波人間」を捕まえるゲームが始まります。
この辺は、3DS内蔵ソフトの『顔シューティング』的な感じですね。

外に行かないといけないのかなと思っていましたが、以外と大量に室内のその辺を「電波人間」が舞っていました。
「電波人間」は個々に特技があったり、レベルがあったり、身体の色で特性が違ったりするので、目当ての「電波人間」を捕まえるのは以外と大変、結構逃げるんですね。

戦闘は『』な感じですね。ターン性で「おまかせ(特技を使う)」か「せつやく(特技を使わない)」のいずれかを選んで戦う感じです。

コメントとで指摘がありました通り、
戦闘画面で「おまかせ」か「せつやく」以外に、キャラクターを直接選択して個別に指示を出すことが出来ます。(指摘ありがとうございます。)

公式動画を見る限り、8人パーティーまで組めるようですが、いまのところは4人パーティーです。

体験版で捕まえた「電波人間」は製品版に引き継げるので、ちょっと続けてやってみようかと思います。
製品版が配信される来週が楽しみです。

戦闘シーン

ダンジョンシーン

公式サイト:電波人間のRPG

タグ: ,